【経験談】結婚式準備後悔した事ランキング!

結婚式

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


結婚式

元ウェディングプランナーの新婦が選んだ式場は元職場の結婚式場!

:結婚

26歳女性、専業主婦(元:ウェディングプランナー)です。
彼は、26歳会社員の男性です。

 

私たちは、高校の同級生で、社会人4年目に友人の結婚式で再会しました。

 

交際開始〜プロポーズまで半年、結婚式はそこから1年後に挙げました。

 

花嫁はウェディングプランナーで結婚式準備のプロ、親の介入なし

:結婚

 

結婚式は、ご祝儀制でかかった費用は600万円、いただいたご祝儀は約240万円でした。

 

私達は、埼玉県、千葉県と別々に済んでおり、休みも合わない為月1の打ち合わせとあとはメールでのやり取りでした。

 

ですが、私自身がウェディングプランナーだったので好きなようにやらせてもらえて良かったです。

 

ある意味、彼は口出しや手出ししづらかったと思います。

 

実親・義理親との関係も、私自身がウェディングプランナーだった為結婚式の準備はほぼ任せてくれ、介入はほとんどないです。

 

むしろ、両家両親ともにいろいろ質問してくれて、こうしてああしてと指示を出したくらいです。

 

親には、お金の援助をしてもらったわけではないので、それで良かったと思います。

 

私の希望する式は、ゲストの皆さんに祝ってもらえる時間を大切にできる結婚式

 

実際には、約90名のゲスト、私自身が勤めていた大好きな海の見える会場で結婚式を挙げることができ大満足でした。

 

もともと何もイベント(ケーキ入刀など)は入れずに、来てくれたゲストと話したりする時間をたくさん作りたいと思っていたのですが、それも叶えられて満足です。

 

埼玉県からのゲストがほとんどにも関わらず、千葉県の会場へゲストを呼ぶことを悩んだりもしましたが、自分の大好きな会場・料理・自慢の仲間たちをみせることが出来るのはここしかないと決断しました。

結婚式やりたいこと全てを叶えようとしたら莫大な費用

:結婚

 

式後もみんなに良い会場と言ってもらえて本当に良かったです。

 

でも、自分自身が勤めていた式場で挙げるのか、別の式場を探すのかを最初はとても悩みました。

 

自分の会場で挙げるということは、一緒に働いている仲間を全員呼ぶことは出来ず、少なからず誰かしらが仕事をしなければならないということになります。

 

自分のために仕事をしてもらうのは出来れば避けたいと思っていましたが、発想を変えて、1番安心感のある会場に任せることに決めました。

 

きっと違う式場にしていたら、自分の会場とは違うことが多々あり疑問に思ったり不安に思ったりしていたと思うので、良かったです。

 

職業柄どうしても私の知識量と彼の知識量の差が激しく、お互い苛立つことが多かったです。

 

わかりやすく説明しても、はなっから分からないというスタンスでいる態度に私は何度も頭に来ました。

 

私たちは、毎回打ち合わせで喧嘩を繰り広げました(笑)

 

装飾関係に1番力を入れていて、それに合わせてトータルコーディネートをしていた為、売り物ではなく手作りするものが結構ありました。

 

仕事をしながらの準備は想像以上に大変で、時間が足りなかったです。

 

余裕を持ってすすめていたものの、なかなか思うようにすすみませんでした。

 

やりたいことはたくさんあったものの、もちろん全てを叶えようとしていたら莫大な費用になってしまいます。

 

結婚式準備期間中は毎日夫とケンカ、意見の食い違いでイライラ

:結婚

 

ただ、同業者や同僚などのプロも列席する結婚式だった為、すべてを低ランクのものにするわけにもいかず、そこは悩みました。

 

職業柄、段取りはすべて分かっていたので打ち合わせ等はスムーズではあったと思います。

 

個人的に手作り関係の進捗は、もっと余裕持って出来たのではないかと今は振り返ります。

 

段取りが分かっている分、まだ大丈夫?と心に余裕もあり、最後でバタバタしてしまった印象です。

 

今思えば、旦那さんともっと仲良く、楽しく準備が出来れば良かったなと思います。

 

正直、あの時は「早く結婚式が終わってほしい」とさえ思うくらい、喧嘩・意見の食い違い・イラつく毎日で本当にこの人と結婚して大丈夫なのかとすら思ったくらいです。

 

お互いに余裕がない時だったのかもしれませんが、結婚式の時期をずらすなどしてもう少し心にゆとりを持って準備できたら良かったのかなと少しだけ後悔しています。

page top