【経験談】結婚式準備後悔した事ランキング!

結婚式

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


結婚式

結婚式準備は喧嘩ばかり!新郎意見はことごとく拒否され!

:結婚

33才男性、会社員です。
新婦は31才、現在は専業主婦です。

 

出逢ったきっかけは、バイト先で妻が正社員で働いていて、私が声をかけられた事から交際が始まりました。

 

交際中は忙しくてあまり会えなかったが、気が合うので半年後にはご親に挨拶しに行きました。

 

結婚式でケンカが絶えず新郎新婦はギクシャク!

:結婚

 

ご祝儀制での結婚式、費用は250万円かかりました。
いただいたご祝儀は100万円ほどです。

 

なぜか結婚の話になってから、ケンカするようになってそれまでになくギクシャクしていたが、準備はだいたい一緒に参加できたとは思います。

 

付き合っている間はケンカとか揉め事はほとんどありません。

 

妻の自由にさせてあげるという意味であまり干渉しなかったのですが、時折それが裏目に出て妻を怒らせたことがあったような気がします。

 

親族に式場のツテがあったのでそこで挙げたかったのですが、妻のたっての希望で妻の両親が挙げた式場で結局は行ないました。

 

司会も私の友人にプロがいたのでお願いしたかったのですが、司会のプロは女性だったため、妻からハッキリと断られました。

 

おかげで費用が倍増しました。

 

友人にお願いできれば、お金がかからなかったのに・・・。
私が理想とする結婚式は、友人を多く呼んで和気あいあいとしたいと考えていました。

 

私たちの結婚式、招待人数は60〜70人くらいでした。

 

結婚式招待人数に差あり!明らかに新婦側が少ない!

:結婚

 

キャンペーン中だったのでご飯のグレードも少しはマシだったと思います。
ビュッフェも付いていて、これについてはラッキーだったと思います。

 

余興に友人のピアノ演奏も加えられてそれはとても嬉しかったです。

 

ただ、招待した友人の数は少なくなってしまいました。

 

理由はいくつかあるのですが、1番は妻が友人が4人しか呼べなかったことです。

 

両家のバランスを考えると、そうせざるを得ませんでした。

 

すでに妻は退職していたこともあり、新婦側が明らかに少なく、体裁を保つためにこちらも人数を絞ることになったのです。

 

私は友人も多い事から、残念な思いでした。

 

こちらの目論見では、私の地元で式をしようと考えていたのですが・・・。

 

それは私の友人が多いこともありますが、それ以上に式場を安く手配できたからです。

 

しかも地元にはフリーアナウンサーをしている友人がおり、司会者の人件費まで削減できるという二つのメリットがあったのです。

 

しかし、妻は妻の両親が挙げた式場、つまり妻の地元で挙げたいという希望だったのです。

 

それだけならまだ説得出来たかもしれないが妻の母親が病気であまり長距離移動出来なかったため、式場代だけでかなりの予算を組んだ記憶があります。

 

妻の母親の病気の事があったので、やむを得ないことだとは思います。

 

両家の顔合わせや、式場の演出など何でもないところで、妻や妻の家族から度々クレームがあったので本当に面倒だった思いがあります。

 

 

結婚式に友人呼べず後悔!理由は別の友人と同日の結婚!

:結婚

 

交際中は一度もケンカしたことがなかったので、その反動で余計に苦しんだ記憶があります。

 

結婚しなければよかった・・・と周囲に弱音を漏らしたかも・・・。

 

披露宴であまり友人を招待できなかったので、二次会をすることにしたが、貸切人数に達するまでおらず困りました。

 

同じ日に別の友人が結婚式を挙げていたため、そちらに友人を取られてしいまい、予定していた友人を呼べなかったためです。

 

結婚式と披露宴の費用は妻と私の貯金でなんとか賄いました。

 

そのため、予算を削るために知り合いの式場や知り合いの司会者を勧めたが、妻に断られたため、オプションはかなり少なめになった気がします。

 

会場のキャンペーン中だったため、ビュッフェなど思わぬオプションが出来たが、妻が満足していたのでそれで良しとしました。

 

最初は周りからいろいろ苦労話を聞いていたので、一時はどうなるかと思いましたが、妻の決断力が早かったこともあり、当日の挙式披露宴の進行は想像以上にスムーズでした。

 

ただ紹介ムービーなど色んなオプションがあったので、妻を説得するのにはホトホト疲れました。

 

当時の妻の結婚式に対する金銭感覚がおかしかったので、もう少し要望を精査すべきだったとは思います。

 

あとで聞くと、妻ではなく妻の母親からの助言だったそうで、それを妻が鵜呑みにしていたようです。

 

そのあたりの性格も半年の交際期間では見抜けませんでした・・・。

page top