【経験談】結婚式後悔した事ランキング!

結婚式

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


結婚式

結婚式「ナシ婚」は後悔する!両親に説得されて「けじめ」をつける

:結婚

33歳男性です。
会社員をしています。
彼女は33歳の公務員です。

 

彼女との出会いのきっかけは、会社の先輩が用意してくれた合コンで知り合いました。
合コンから交際まで3ヶ月。

 

そこから、約1年3ヶ月でプロポーズ。
そこから、約6ヶ月で結婚式という感じです。

 

結婚式披露宴の打ち合わせで新郎新婦と度々喧嘩!

:結婚

 

結婚式費用は祝儀制で、総金額は350万円程
ご祝儀は200万円の収入でした。

 

実は私たちは「ナシ婚」を考えていました。
結婚は二人の意志だし、実は自分はあまり派手とか目立つことが好きではないので。

 

彼女も「結婚式はやらなくていいよ!」と言っていたので「ナシ婚」と思っていたのですが、やはり実家の親に結婚の報告をすると、もはや「ナシ婚」は通用しません。

 

結婚式を挙げるのが前提の会話。
それが、彼女の実家の両親も同じ考えなので、やはりやらざるを得ませんでした。

 

結婚って、二人の事より「家同士」の結びつきという事、両親より説得されました。

 

両親は彼女の事・彼女の両親の事を考えて、ちゃんと「けじめ」をつけるようにとのこと。

 

彼女は、結婚式の準備にはとても協力的で、色々と提案してくれましたが、提案するだけで何も決めないため、結局どうしたいの?という喧嘩が度々発生しました。

 

途中から、口だししないでくれと思うようになり、90%まで私が決めてから相談するようになりました。

 

友人に対する謝礼、交通費について細かく彼女から指導され、ケンカ状態

 

私はインターネットなどでだいたいの相場を調べていましたが、「昔はこれぐらいの額だった」と全く譲らず、かなりの揉め事になりました。
最終的には、親に一任とすることで決着。

 

私の思い描いていた結婚式は、みんなでワイワイ騒げる結婚式でした。
希望通り、皆さんで楽しくできたとは自負しています。

 

式場は全日空系のホテルを使用しました。
遠方からの友人が多いため、宿泊込みでの招待としました。

 

また、私自身がお酒を飲むことが好きだったので、テーブル毎にビールケースを配って自分達でいつでも飲める環境を作りました。

 

おかげで、私の友人たちは新婦側からは少し冷めた目で見られていたと後から聞きました。

 

ですが、賑やかな楽しい式を作ることが出来て個人的には納得のいく結婚式ができたと今でも感じています(あくまでも私自身はです)。

ブライダルフェア、見学説明会、試食会に複数参加はお断りするのが大変!

:結婚

 

遠方からの友人が多いため、会場選びは最初から選択肢が少なく困ることはありませんでした。

 

さらに、親がある程度の見栄を張りたい人たちのため、自然と1ヶ所に決まってしまいました。

 

ただ、周辺の式場にもブライダルフェアや見学会説明会などに参加したため、その後のフォロー連絡に対してのお断りに苦労しました。

 

特に、食事の試食会に参加した式場では、良いコメントをしたために断り文句を考えるのが大変でした。
この辺りもお断りの文言集があると便利だと感じました。

 

新郎新婦の招待人数を調整するのが一番大変でした。
一方ではたくさん呼びたいが、一方はそんなに呼ぶ人がいないという感じ。

 

また、親戚をどこまで広げて呼ぶのかについても親同士の認識に差があり、どちらも納得させ調整に苦労しました。

 

結婚式総費用は終わってみないと分からない!

:結婚

 

テーブル分けが想定以上に時間がかかりましたね。
異なるグループの友人たちをうまく離れないように埋めていくパズルのような感じでした。

 

最終的に、通常は5〜6人テーブルですが、1ヶ所だけ10人テーブルを準備してもらい対応しました。

 

途中でオプションなどは追加したこともあり、最終金額が終わるまで分からなくなりました。

 

親から総額いくらかの問い合わせが頻繁にあり、回答を誤魔化しながらやりとりしていましたが、終わってみたら想定よりも高かったことが後から小言を言われる原因になりました。

 

1人の友人から連絡がなく、来るのかどうかを直前まで待ったことがテーブル分けに影響した以外は、ほとんどスムーズに準備できたと思います。

 

自分達で看板や小道具を作りましたが、それがギリギリまでかかってしまいましたが、式場とのやりとりは順調にできました。

 

当日の進行について詳細には打ち合わせせずで、そのため、自分達が動きたいタイミングと式進行とが合わず、ストレスに感じるタイミングが多々ありました。

 

式の進行についても詳細に話をしておくと更に納得のいく結婚式になったと思いました。

 

当初は「ナシ婚」と二人で考えていたのですが、結婚式準備は色々と細かく決める事など大変な事もあっても、最後には「世間並みに結婚式をやって良かった」と思います。

 

「ナシ婚」だったら、何年かして後悔したかもしれません。

page top