【経験談】結婚式後悔した事ランキング!

結婚式

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


結婚式

結婚式直前の親の!口出しにイライラ!喧嘩になる!

:結婚

女性、30代です。
専業主婦です。

 

彼は30代の公務員
彼との最初の出会いは職場の先輩の紹介で、男女複数で遊びに行った事です。

 

結婚を前提に交際を始めたので、交際開始から入籍までは一年。

 

結婚式まではそこから半年くらいの事でした。

 

義理母に振り回された結婚式準備

:結婚

 

結婚式はご祝儀制
だいたい400万くらいの費用でしたが、300万くらいはご祝儀で賄えました。

 

パッケージプランではなく自分たちがしたいことをさせてくれる式場だったので、やればやるほど作業量が増えたというのが正直な感想。

 

基本的に彼(新郎)は協力的だったし、私(新婦)の好きなようにさせてくれたが、作業の進め方のスピードが合わず、よくケンカになりました。

 

新郎の意向で義理母が式場内の細かいところの装花(トイレやウェイティングルームなど)をしてくれました。

 

母が式の直前になってビデオ撮影を頼めと言いだしてきて大変でしたね。
その件は未だに夫とのわだかまりになっています。

 

私としては、義理母に振り回された感が残っています。
私は、かわいい教会での結婚式を希望していました。

 

実際の結婚式の会場は、教会のあるレストランウェディング。

 

新郎新婦ともに気に入った式場を選んだので、衣装や食事など概ね満足できたと思います。

結婚式費用の予算調整は大変!両家のゲスト数のバランス考慮

:結婚

 

会場の装花や音楽、演出など私たちの希望をかなえてもらえました。
こだわったのは生演奏、新婦から新郎へのサプライズ、余興のクイズ。

 

一番はゲストに楽しんでもらうことを考えて準備していました。
ゲストの方も喜んでくださったと思います。

 

当初の予定と変わってしまったのは、互いの職場の人を招待することになったこと。

 

数のバランスから、あまり親しくない人も呼ばなければならなくなってしまいました。

 

まず一番大変だったのは予算管理、調整。
パッケージプランのあるホテル式場と比べると、決定した式場では大分予算オーバーするので悩みました。

 

会場選びについては、地方都市なのであまり選択肢はなかったが、土日ごとにブライダルツアーに参加したり、ウェディング相談会などに参加ながら会場を絞ってはいきました。

 

いいなぁ〜と思ったホテルは説明してくれた人の口臭がひどかったので辞めたりもしました。

 

招待客の人数も、50人→80人→100人とだんだん増えたので、その度に見積が変わっていくのがもう本当に胃が痛かったです。

 

二人の休みの日が合わないので、式場に行く段取りができず、プランナーとのやりとりがメール中心になった時期があったこともありなかなか大変でした

 

また、静観していたはずの両親が直前にああしろこうしろと口出しをしてきて喧嘩になることもありました。

 

たぶん、私たちの準備がなかなか進まないのをイライラして口出しだったのかもしれません。

 

ご祝儀の収入予想が外れて、お金に余裕なし

:結婚

 

準備物として、紙ものはすべて手づくりでした。
材料の購入や切り貼りのような細工作業は苦にならなかったのですが、招待状の宛名書きが一番苦労したところです。

 

これは最初から筆耕を頼めばよかったと思います。
お互い字が綺麗ではないので、非常に後悔でした。

 

結婚式に係る費用は、ほぼ新婦と新婦実家が用意し、新郎側からはご祝儀という形で貰ったのです。

 

「結婚式をしてほしい」というのは新婦親の要望だったのでそのことは気にしてはいません。

 

当初の予算からだいぶ増額したので、結果として持ち出しが多くなったのですが、最終的な結婚式費用は主人には伝えていないのです。

 

結婚式準備であとから思う事は時間があるようで、無かった事。
やはり準備の時間が足りませんでしたね。

 

夫がてきぱきするタイプだったのでスムーズに進んだが、のんびり屋の私はプランナーからの宿題をこなすことでもう必死でした。

 

夫に内緒のサプライズ(サプライズゲスト)の段取りは大変だったけど、盛り上がったのでやってよかったと思ってます。

 

花嫁から一言を述べる場面があったが、カンニングペーパーをつくっておけばよかったです。
一言でも緊張でうまく言葉が出ませんでした。

 

ゲスト選定ではもっと絞ればよかったと後悔もあります。
あまり関係の薄い同僚などは呼ばなくてもよかったかもしれないとも思います。

 

人数バランスもあり、そのようになったのですが、でもその人たちのご祝儀のおかげで助かったもの本音です。

 

ご祝儀は3万と思っていた人たちが2万だったりと祝儀の収入が予想外だったので、お金に余裕がない場合、当初からプランニングはしっかりしておいた方がいいと思います。

page top