【経験談】結婚式準備後悔した事ランキング!

結婚式

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


結婚式

【後悔】前撮り費用削り、後日写真見て後悔!カメラマンお任せは失敗

:結婚

 

31歳女性、現在専業主婦です。

 

彼は33歳会社員です。

 

私たちは、オンラインゲーム内での共通の友人からの紹介で知り合いました。

 

交際からプロポーズまでが2か月(早い!!)

 

結婚式までがそこから1年と4か月でゴールインでした。

 

彼の両親が結婚式場積立していた!お金がかからないと喜ぶも…

:結婚

 

祝儀制での結婚式でした。

 

結婚式でかかった費用は、215万円

 

そのなかで、115万円は何とかご祝儀でペイしました

 

結婚式、私的にはやらなくても良いかなという感じでした。

 

始めに彼の方から「式を挙げよう」言ってくれたのですが、いざ式の準備が始まると、仕事が忙しかったため、私にお任せ!あまり協力はしてくれませんでした。

 

招待状作成や席次表の作成もほとんど私が行ったのです。

 

その後、彼があまりお金を掛けたくないと言いだし、ムービーも自分で作ろうと言い出したのですが、言うだけ言って結局私が作ることになり、もうとても大変な準備期間でした。

 

彼の両親が前から特定ホテルの結婚式場で積立制度を使っていたようで、式を挙げるならその式場で挙げて積立金を使ってほしい、と申し出てくれました。

 

これはお金がかからないと思い、嬉しくも思いました。

 

ですが、私は色々な式場が見てみたかったし、その特定ホテルの式場というのがあまり好きになれない式場でした。

 

結局自分たちで選んだ別の式場で挙げることになりましたが、彼の両親にどうお話すれば良いか悩んだこともありました。

 

私の希望としては、こじんまりとした会場で、皆の顔が見える少人数での結婚式を理想としていました。

 

実際には結婚式専門の会場で行い、思い描いていたこじんまりとした会場ではなかったですが、招待したのも本当に呼びたい親族と友人数名に絞って全40名ほどの招待で和やかな雰囲気でできました。

 

会場は結婚式専門の会場で、周りに建物も少なく静かで落ち着いていて、外観も高級感のあるホテルのような感じ。

 

チャペルは敷地内で別の建物として独立していて、フラワーシャワーやブーケトスは屋外でできる緑に囲まれた中庭が併設されていました。

 

自分たちの手作りで持ち込めるものも多く、私は猫が好きなので受付ロビーから披露宴会場内まで猫のモチーフで飾り付けをしました。

 

あまりお金は掛けられませんでしたが、手作りでも見劣りしないよう会場スタッフの方たちが素敵な演出を織り交ぜてくれたので、とても満足できる式になりました。

 

両親が勧める結婚式場は古い!お断りする方法に悩む

:結婚

 

始めに彼の両親から勧められたホテルの結婚式場を見に行った際、設備や内装が少し古い感じがしてとても好きになれませんでした。

 

ですが彼は、自分の両親が勧める式場という事もあり、「低予算でやってもらえそうだし、ここで良いんじゃない?」と半ば決めかけていたので、とても焦りました。

 

自分がここで式を挙げる想像ができなかったからです。

 

なんとか彼を説得して他の式場を見に行った際、とても素敵な式場・スタッフの方に巡り合え、彼も気に入ってくれたので両親が勧める式場を回避することは出来ました。

 

本当に良かったです・・・彼が両親が勧める式場でと決めそうなときホント焦った〜

 

両親にお断りする方法に悩み、少しバツが悪かった…

 

何人招待するかで彼とはとても揉めました。

 

あまりお金は掛けずにこじんまりとした式を理想としていたのですが、彼が友人を予想より多く招待してしまい、私側の招待人数との差がとても大きくなってしまいました。

 

彼8:私2の比率です。

 

これはバランスが悪いのではと…

 

友人に声を掛ける前にまず私に一言相談してほしかったですね。

 

プロフィールムービー・エンドロールムービーの作成には、予想以上に時間がかかりました。

 

慣れない編集ソフトを使って一から動画を作成していく中、彼の要望・こだわりが多く何度も作り直しました。

 

全部で3か月くらいムービーには時間を費やしたと思います…。

 

後悔は前撮りをしなかったこと!予算なく諦めた!

:結婚

 

結婚式のお金の事ですが、彼の両親や私の両親からお祝い金として結構な額を頂きましたが、それでも私は仕事を辞めたばかりだったし…

 

彼もそんなに余裕はなかったので、低予算で考えていくことが大変でした。

 

友人を多く呼ぶと赤字になるとよく言いますが、まさにその通り!

 

彼は多くの友人を呼び、低予算といいながらも、ご祝儀収入が少なく感じました。

 

ドレスを選ぶ際の事、あまりにも低額のドレスだと質素に見えてしまい、でも少し値段を上げると予算が上がり彼が許してくれない・・・と思いドレスの金額を彼にはごまかして伝えたこともあります(笑)

 

準備期間中はバタバタしたり、彼と何度も喧嘩をしたりと大変でしたが、式当日はスタッフの方たちの的確なフォローのおかげでスムーズに進みました。

 

前日にリハーサルもしてもらえたので、当日もあまり緊張せずに、あっという間に楽しい時間が終わってしまった、という感じです。

 

後悔は、写真前撮りをしておけば良かったと今では思います。

 

予算の面でも悩んで、前撮りはしなかったのですが、当日ドレスの写真をその場で式が終わってから撮ってもらえたのですが、なかなか自分たちの撮ってもらいたい構図などがその場では浮かばず、カメラマンさんに完全にお任せしてしまい、後から写真を見た際に『あんなのや、こんな写真も撮りたかったなぁ』と少し後悔してしまいました。

 

当日はバタバタとしますしね。

 

何をするのもお金がかかります。

 

前撮りするにしても、ヘアメイクが2度かかるようなものですので、前撮りを諦めた経緯がありました。

 

前撮りだけリーズナブルに行ってくれる業者さんもあるみたいなので、良く調べてみれば良かったなぁと思います。

page top