【経験談】結婚式準備後悔した事ランキング!

結婚式

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


結婚式

)金ゼロでも結婚式が出来る方法がある!費用350万円・ご祝儀350万円

:結婚

 

24歳女性美容師です。

 

彼は33歳、同じく美容師。

 

私たちは、同じ店舗の店長と新人アシスタントで、2人でご飯を食べに行ったのをキッカケに仲良くなりました。

 

交際開始から1年で入籍、入籍から10ヶ月後に結婚式を挙げました。

 

結婚式費用もいただいたご祝儀も約350万円!収支トントン!

:結婚

 

私たちの結婚式はご祝儀制の結婚式で執り行いました

 

結婚式のかかった費用は、約300万円の会場支払いと手作り品など自分たちで調達する品物・お車代他もあり、約350万円はかかったと思います。

 

集まったご祝儀は約350万円程でした。

 

収支的にはトントン

 

彼は毎回打ち合わせについてきてくれたり、細かい事も一緒に考えて準備を進めました。

 

ウェディングフェアにも一緒に必ず参加してくれました。

 

ウェディングフェアはこの時期しか行けないですし、女性としては1件でも多く見ておきたい気持ちがあります。

 

1人では行けないので、彼とともに行くウェディングフェアはデートの中に組み込んでいました。

 

会場の担当者へ聞きにくい値段のことなども、彼は積極的に質問してくれて助かりました。

 

又、したいことや衣装、おもてなし全てをわたしの好みに合わせてくれたりしました。

 

わたし側の親が、わたし側親族の席を決めると言ってたので、席順は親にお任せしました。

 

母の友人や祖母の姉妹も呼びたいとのことだったので、かなり人数は多くなりましたが了承しました。
(私たちはよく分からない方々なのですが…笑)

 

旦那側の親族はなんの干渉もなかったので、バランスがとれてよかったですよ。

 

私の希望としては、モダンな会場、衣装で料理は絶対的に美味しいことが条件でした。

 

招待人数は120人

 

結婚式専用の会場、挙式場はモノトーンでバージンロードは10万個のスワロフスキーが埋められたキラキラのガラス張り。

 

大階段がある部屋には大きくて太陽みたいなシャンデリアに登場するときレーザー光線の演出。

 

披露宴会場は壁一面本棚柄で、シックで落ち着く赤茶の会場。

 

衣装は希望通りチューブトップ部分はゴージャスなストーンに腰上から切り返しのシンデレララインのチュールドレス。

 

和装は総絞りの黒の振袖。

 

カクテルドレスは深い赤のシンプルで大人っぽいドレス。

 

お料理は自然派イタリアンで素材にこだわったコース。

 

全てが理想通りで大満足でした!

 

私の思い通りにさせてくれた彼や両親に感謝です。

 

8件のウェディングフェアは見学しすぎ?その後の営業電話対応が大変

:結婚

 

8件ウェディングフェアに行き、見学、試食、見積もりをするのに半日かかります。

 

休みを潰してまわるのが、だんだんときついと感じてきました。

 

彼とのデートの延長の形でしたが、さすがに8件は多かったかも…

 

次を見れば目移りするし…、自分たちの希望をしっかり持つこと大切です

 

こんなに見学しても、やはり全て当てはまる会場は見つかりにくいので根気よく探すのも大変でした。

 

始めの数件の見学してる時は楽しかったのですが、だんだんしんどくなりますね。

 

その後の営業の電話の対応もなかなか精神的にきついものがありました。

 

断りづらい…

 

仕事柄いろんな方の口コミを聞けるんですが、プランナーさんによりけり...みたいなところばかりなので一回の訪問だけじゃわからないのももったいない気がして残念でした。

 

式場が決定してからは、担当の方と具体的な話に入りますが、細かい決定事項が多すぎて大変でした。

 

名前の漢字や肩書き、 席順や料理のアレルギー、引き出物のランクは絶対に間違えてはいけませんので血眼になって何度も何度も見直しました。

 

あとはお任せしたいけれど自分たちで決めないといけないテーブル上の細々やケーキまわりの云々など、こだわらない部分の決め事が苦痛でした。

 

ごたわらない部分は正直なんでもいい…

 

手間がかかったのは、わたしたちは招待状は全て手書きにしたので100枚わたしが書きました。

 

名前の漢字の間違いや丁寧に綺麗な字でバランス良く100枚書くことはかなり大変でした。

 

そして中身を詰めて閉じてポストに投函まで自分たちだったのでこれも何度も何度も確認しました。

 

貯金ゼロでも結婚式!費用は後払いでプラスマイナスゼロ!

:結婚

 

結婚式の費用の事なのですが、わたしたちは結婚式をした当時貯金ゼロでした。

 

後払い(お祝儀払い)が出来る会場だったから良かったものの、前撮りや衣装代を合わせるとプラスマイナスゼロ円でした。

 

それに前出しでお車代や手作り品材料・受付の御礼など手出しが50万円程あったのが痛手でした。

 

結婚式の当日は、スケジュール上かなりスムーズに進んでいってたみたいです。

 

私はスタッフの方の誘導されるまま、動くだけでした。

 

当日は2分ほど押すくらいでプランナーや進行役の方、案内役の方などスタッフ全員が一丸となって進行してくださったのでなんの滞りもなく終わりました 。

 

会場やスタッフ、当日の結婚式に後悔や反省はありませんが、もっと結婚式準備をするプレ花嫁時期を楽しめばよかったなと思います。

 

最初の内はフェアの見学など楽しかったのですが、だんだんとしんどくなります。

 

旦那と会場を巡ったり、慌てて寝不足になりながら決め事をしたり、招待状を準備したりすることはもうないと思うので、今はあの頃が懐かしいです。

 

2人で作り上げた感はあり、良い思い出になっています。

page top