【経験談】結婚式準備後悔した事ランキング!

結婚式

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


結婚式

結婚式費用お金が足りない!新居引っ越しで余裕なく!式場前払い不可

:結婚

 

20代女性事務員として働いております。

 

彼は20代営業系会社員の男性。

 

私たちは、専門学校の同級生であり、クラスも同じで、誕生日も一緒だと知り、そこから距離が縮んだという関係です。

 

交際開始から結婚式まで8年くらいでした。

 

プロポーズは特になかったです…寂しい。

 

身内だけ20人の小ぢんまり規模の結婚式

:結婚

 

ご祝儀制の結婚式でしたが、かかった費用は、約70万円

 

集まったご祝儀も約70万円程でした。

 

身内だけで小ぢんまりの規模

 

彼の結婚式準備の関与は、打合せなど、相手との約束がある場合は協力的でしたが、そのほか、例えば準備に必要なものの買い出し等はめんどくさいと非協力的でした…。

 

すでに結婚式準備中の期間は、彼と同居していたため、仕事から帰って家事をし終わった後で私がウェルカムボードなどを作っていても、見て見ぬふりでした。

 

ゲームをしている彼に、文句言ったこともしばしば…

 

親族だけの式だったこともあるのか、両親たちの関与もほぼ介入ゼロでした。

 

両方の親から、あちらは着物を着るかしら、といった服装のことぐらいでした。

 

自分の両親とは頻繁に連絡を取り合っていましたが、義父母からは全く関与がなさすぎて、『結婚式すること知ってるよね?』と疑問に思ったぐらいです。

 

彼も義理両親も…なんだか感心薄でした。

 

当初私は、グアム挙式したいなぁなんて夢がありました。

 

新婚旅行がてら、そんなのも良いなぁなんて…。

 

海外挙式が夢・理想でしたが、結局そんな余裕もなく日本で親族のみで式を挙げました。

 

20人ぐらいの招待客だったので会場は披露宴会場ではなく、100人規模の会場の横についている大階段付きの専用ロビーを会場として使いました。

 

貸切です。

 

食事はあまり高いランクにしても、そうそう変わらないと思い、下から1ランク上の食事にしましたが、量もちょうどよく正解でした。

 

ウェルカムボードや席札は、私が手作りしました。

 

招待状は親族だけだったので、メールですましました。

 

招待状制作は時間もかかるし、彼もやりそうでなかったので、メールで済ますことが出来、良かったです。

 

当日はあいにくの雨で外はどんよりでしたが、私の姪っ子がまだ小さかったこともあって、和やかなアットホームな式になりました。

 

小さい子が場を盛り上げてくれました。

 

ホント、可愛かったです。

 

『今予約すればお安くできる!』見学1件目で即予約

:結婚

 

結婚が決まれば、会場探しから始まります。

 

まず場所について、私の親族が遠方に住んでいるため交通の便がいい場所にする必要があることと、親族だけだしあまり予算もかけたくなかったため、その条件で数十日ネットで調べまくりました。

 

そして、条件が合致したところへ予約し見学。

 

ネットで下調べをしていたので、場所も良く、チャペルも会場も素敵で問題ありませんでした。

 

下調べで写真も見ていたので、実際に確認という感じでした。

 

ただ予算だけが調べたものより高く悩みました。

 

ネットだと、最低限の価格しか表記せず…

 

実際の見積もりには色々と上乗せされます。

 

でも今予約すればお安くできる!。。ということで、見学1件目で即式の予約をいれました。

 

そのおかげで予算もだいぶ割引いてもらうことができたと思います。

 

まぁ、今予約!という営業トークだったのかもしれません…。

 

場所を交通の便がいい場所にしたため、自宅からは車で1時間以上離れた場所になってしまい、打合せには1度しか行きませんでした。

 

彼が何度も行きたくないと、めんどくさがったためです。

 

そのため、全てを決めるのに朝から晩まで1日がかりで苦労しました。

 

招待人数も20人と少なく、1日の打ち合わせで何とか色々な決め事を決めたのです。

 

比較的2人ともサクッと決めていけたんですが、タキシードだけ試着したいサイズが貸し出し中で着れず、悩みまくり、時間がかかりました。

 

1日で全て決めるのはすごく大変でしたね。

 

あとは電話やメールで担当者と連絡を密にとりました。

 

一番は遠方から来る親族のホテル探しに苦労しました。

 

結婚式当日にその地域で大規模な祭りイベントがあり、良いホテルがほぼ空いていない状況

 

いろんなサイトをチェックし、何日かかけて予約することができました。

 

また、自分たちでの手作りウェルカムボードや写真選びもなかなか大変でした。

 

写真は選んでいると懐かしくなり眺めてしまいます。

 

時間がどんどん過ぎていきますし(自分が悪いんですが)、ウェルカムボードは色合いや縁につける花の位置など何度も試行錯誤しながら作ったので、時間ばかりかかりました。

 

新居引っ越しでお金なく、結婚式費用はローン支払い

:結婚

 

一般的には式後にお祝儀からお支払いするのかと思いますが、私達は親族のみの式で金額も抑えていたので、式前に支払いしなければなりませんでした。

 

しかし、その時私達には貯金も新居の引越し等ですでに使ってしまい余裕がなく、ローンを組んで支払いをしました。

 

親族のみの結婚式、いきなりローンを組むのは抵抗がありましたが、しょうがないですね。

 

でも、ご祝儀でなんとかローンは返済できましたし、良かったと思っています。

 

式の準備は、仕事が忙しかったこともあり当日の夜中までウェルカムボードを作っていましたが、当日は朝早くから会場入りだったため、かなり寝不足で準備はスムーズに出来ていなかったと思います。

 

式自体はスタッフの方々のおかげでスムーズに進み、滞りなく最後までやり遂げることができました。

 

母にベールをかけてもらい、バージンロードも無事父と歩くことができ、本当に嬉しく忘れられない日になりました。

 

彼のタキシードはやはり試着したいサイズを別日に再度試着するべきだったと思いました。

 

彼本人はどうでも良さげでしたが、試着できなかったサイズをお願いしたため、当日着てみると少しダボついていました。

 

それなら、1サイズ下の方が少しピチッとしてましたが、見た目はスッキリしていたので、1サイズ下のものを着れば良かったのではと思いました。

 

結婚式の写真を見る度に彼のタキシードに目が行きます。

page top