【経験談】結婚式準備後悔した事ランキング!

結婚式

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


結婚式

結婚式招待状は手渡し!両親と一緒に結婚挨拶しながら手渡し配る

:結婚

 

私は30代、今は主婦です。

 

彼は30代公務員。

 

私たちは、同じ県内の別の大学に通っていて、共通のサークルを通じて知り合いました。

 

交際8年でプロポーズされて、その1年後に結婚式を行いました。

 

ゲストハウスを終日貸切、アットホームな雰囲気

:結婚

 

ご祝儀制の結婚式を行った私たち

 

会場支払い費用は、500万円

 

集まったご祝儀は450万円程いただきました。

 

彼は、仕事が比較的落ち着いている時期だったので準備に協力的ではありましたが、もともと追い込まれないとやる気が出ないタイプの人

 

こちらが何度も急かしても準備を始めず、結局結婚式当日ギリギリまで準備に追われました。

 

これは彼の性格なのでしょうがない・・・。

 

私自身の親も、相手の親もあまり口出しは無く、二人にお任せ状態。

 

たまに進捗状況を聞かれることはありましたが、基本的には当人たち2人のやりたいようにやりなさい、と言ってくれたので自由に物事を決めることができました。

 

私たちの結婚式は、招待人数は約120人で、ゲストハウスで行いました。

 

ホテルなどとは違って時間に決まりがなかったので、終日貸切りにして自分達で開始時刻を決めることができたのは有り難かったです。

 

2月という寒い時期の結婚式だったので、会場は暖色系の装飾で統一して暖かさを感じてもらえるよう気を配りました。

 

親族に子供が多かったので、子供たちが飽きないようにお菓子の詰め合わせをプレゼント。

 

子供たちがいることによって会場の雰囲気が和み、友人たちも可愛かったと言ってくれました。

 

豪華な感じは一切なく、アットホームで楽しい雰囲気の結婚式になりました。

 

招待状は両親とともに挨拶しながら手渡しで配る

:結婚

 

私の実家と相手の実家が他県同士だったので、その中間地点で結婚式を行いたいと思っていたのですが、場所柄式場の数が少なく、あまり選択肢がありません。

 

その中でも、立地が良く交通の便が良い会場を希望しましたが、他の会場に比べて少しだけ料金が高く私たちの予算に合いませんでした。

 

しかし、やはりゲストが足を運んでくれることを考えると予算よりも立地を優先するべきだと思い、そこの会場を決めました。

 

迷った時は何を一番優先にするかだと思います。

 

広さや清潔感は全く問題なく、素敵な会場でした。です。

 

相手が田舎の本家の長男なので、親族が多いしご近所さんも呼ばなくてはいけない状況。

 

なので私の方のゲスト数とかなりバランスが悪くなってしまいました。

 

また、義父の友人も参列したいと言い出したので、途中から人数が大幅に変更になって大変でした。

 

又、手間と言うか時間がかかったのは、招待状を半分以上手渡しで配ったことです。

 

相手側のゲストは同じ地域の人がほとんどだったので、義理の両親と一緒にお宅に訪問し、結婚の挨拶と共に招待状を手渡しで配りました。

 

彼の実家の風習というか、義理がたいというか、正直大変でした。

 

訪問先の予定に合わせなければならなかったので、忙しい思いで回りました。

 

結婚自己資金はほとんど無し!義理両親の多額の援助!

:結婚

 

お互いに自己資金はほとんどなかったので、当初は親族をメインとしたささやかな式にする予定でした

 

しかし、義理の両親がかなりの額を援助してくれたおかげで、友人たちも呼ぶことができて金銭的に大変助かりました。

 

相手側の準備がかなり遅れていて、結局結婚式当日の朝までドタバタ準備

 

どうなることかと思っていました。

 

結婚式が始まってからは特にトラブルもなくスムーズに進みホッとした事覚えています。

 

準備が終わるかどうかのハラハラが大きかったので、式に対する緊張などは一切ないまま慌ただしく式が始まった感じでした(笑)

 

後になり思うのは、結婚式までの日にちを逆算してスケジュールを決めて、それぞれの準備の期日を明確にしておけばよかったと思いました。

 

私も自分側の準備で手がいっぱいで、相手側の進み具合などを気にしていなかったので、もっと2人で協力し合えばよかったなと思います。

page top