【経験談】結婚式準備後悔した事ランキング!

結婚式

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


結婚式

結婚式費用は両親援助も見積内容のチェックが厳しく何も言えず

:結婚

 

20代女性、現在専業主婦をしております。

 

彼も20代会社員として働いています。

 

私と彼は、友人きっかけのお食事会で知り合い、何回かデートし交際へ至りました。

 

交際開始〜プロポーズまでは、1年半程。

 

プロポーズ〜結婚式までは11ヶ月程の期間を掛けて準備しました。

 

結婚前に母と一緒に作る折鶴シャワーは大切な親子の時間

:結婚

 

ご祝儀制で行いました。

 

費用は500万円くらいかかりましたが、なんとか300万円ほどご祝儀で賄うことができています。

 

彼の式準備の関与状況は協力的だったと思います。

 

友人の旦那さんはほとんど嫁任せだったと聞きましたが、彼はその辺は問題なし!

 

やらなければならない事も、二人で分担

 

プランナーさんとの打ち合わせは彼と一緒に決めていきましたが、招待状の準備やプランナーさんからもらった課題は、私が準備していました。

 

決めにくいところは、彼に相談しながら準備を進めていたので、仕事が忙しい中協力してくれてすごく有り難かったです。

 

実の母親もたくさん協力してくれました。

 

折り鶴シャワーの折り鶴を一緒に折ってくれたり、ウェルカムスペースに飾るアートフラワーは母手作りのお花を貸してくれました。

 

特にドレス・和装の試着は、母や叔母も来てくれてとても心強かったです。

 

母と作る折鶴は、結婚前の親子の大事な時間だったと思います。

 

母が父と結婚する頃の話を聞きながらの作業でした。

 

当初、私が思い描いていたのは白無垢を着ての神前式でした。

 

そして、身内や友人だけのアットホームな結婚式が理想でした。

 

実際には、大好きな親族や友人達に囲まれたアットホームであたたかい私たちらしい式だったと言えます。

 

理想だった、神前式を叶えることはできませんでしたが、白無垢を着て人前式を執り行うことができました。

 

中座は、祖父と一緒にという願いも叶い、私の好きなスティーヴィーワンダーのIsnt she lovelyの音楽と共に退場することができました。

 

祖父も喜んでくれました。

 

昔から憧れていた神戸のホテルで和装に合う和モダンでステキな披露宴会場でしたし、そこで憧れのドレスも着ることができて、ほぼ理想通りでした。

 

手作り品はこだわり過ぎると自分たちを追い詰める

:結婚

 

結婚式会場きめの時は、見学時間が長時間になります

 

1日に2件も回るのがいっぱいいっぱいで、本当に大変だと感じました。

 

遠距離だったこともあり見学した会場は2件だけだったので、あと何軒か見学して、比較したかったです。

 

時間も限られ、選択肢が本当に少ない状態でした。

 

人気の会場で人気の季節は、特に希望日程や時間が既に予約が埋まっているで出来るだけ早めに契約しないと空いていたところも埋まってしまうということになり、即決するかどうか?判断に迷いました。

 

また、人数そこまで多くしたくないので、アットホームな雰囲気をイメージしていて、理想的な披露宴会場か?スタッフの方の対応など総合的に判断しました。

 

彼自身が憧れの結婚式がないですし、結婚式の参列回数が少ないこともあり、これしたい!あれしたい!と言っても、え?何のこと?よくわからない!と理解されにくく、考えの違いにすごく苦しみました。

 

私が理想を話しても、会話にならない(笑)

 

特に前撮りやエンドロールでは要る要らないですごく揉めて毎日ケンカです。

 

あまり手をかけないようにしたのですが、唯一手作りしたのがプロフィールムービーで一番大変でした。

 

友人からムービーは早めにやっておく方がいいよと言われていたので、早めに取りかかりましたが、まず今までの写真を掻き集めて選ぶところから始めました。

 

久しぶりの写真をみて懐かしくなったり、手を止めてしまったり・・・すごく時間がかかりました。

 

拘ればこだわるほど、自分達を追い詰めることになるので、できるだけ手作りのものは少なくしたのですが。

 

結婚式準備後悔は会場選定での冷静な判断

:結婚

 

彼も私も結婚式費用は両親が全額支払いをしてくれたので、やはり金銭面ではチクチクと色んなところを指摘されてしまいました。

 

両親がだしてくれるという、本当にありがたい事なのですが、チェックが厳しい・・・

 

これがしたいと思っても、両親が出すので見積書でこれは要・不要を言われてとても悲しかったですが、自分たちはお金を出していないので何も言えずで、もう少しお金を貯めておくべきだったと後悔してます。

 

両親の援助で、逆に金銭的に縛られた感じです。

 

結婚式準備は、プランナーさんがすごく仕事ができて良い方だったので楽しく準備ができました。

 

進行は念入りな打ち合わせを司会の方やプランナーさんと何回も話していたので、当日はスムーズに進んでいったと思います。

 

司会やプランナーさんの的確な誘導で、私たちも自分たちのお支度などに専念できましたし、途中色々とアドバイスを耳打ちしてもらいながら、招待客の皆さんへの対応もできたと思います。

 

結婚式当日の反省点は着用したドレスの裾がかなり長くて当日の歩き方や、当日の二人の体勢や姿勢などをもっとリハーサルしておくべきだったなと反省です。

 

短すぎるのも変ですが、長くて引っかかりそうでした(笑)

 

結婚式準備での後悔する事は、もっと何回も結婚式会場を周り冷静に判断して決断したかったです。

 

時間がある限り。

 

特に人気の会場、日程などは早くから予約済みとなっています。

 

会場予約時に即決する必要もあり、焦るしなかなか冷静な判断は難しいですね

 

もっと早い時期に会場だけでも見学したりすべきだったかもしれません。

 

また、結婚式費用も金額をしっかり決めて準備をするべきだったと思います。

 

二人で人数や雰囲気については話し合っていたのですが、金銭面のところでは抜けていたのでかなり費用が高くなってしまい両親の負担が大きく反省です。

page top