【経験談】結婚式準備後悔した事ランキング!

結婚式

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


結婚式

転勤異動数度で教師仲間はどこまで呼ぶ?彼女が悩んだ結婚式招待

:結婚

 

33歳男性、会社員です。
彼女は34歳教師

 

出逢いのきっかけは、私が勤めていた職場の同僚が合コンに誘ってくれて出会いました。

 

交際からプロポーズして、結婚式を挙げるまでおよそ2年くらいです。

 

彼女希望でナイトウェディング結婚式は夕日と夜景が好評

:結婚

 

結婚式は、祝儀制の結婚式披露宴
費用は、450万円ご祝儀でいただいたのは350万円で100万円は自己費用です。

 

彼女との結婚式準備はいつも一緒、彼女も積極的に結婚式の下見や準備に協力してくれました。
結婚式場での打ち合わせも何度もありましたが、休みの日を合わせ、二人で何事も決めました。

 

彼女とのデートは、式直前となると結婚式場にて打ち合わせ自体がデートのようなもの

 

お互い忙しいので、楽しいデートの時間を取る事が出来ず、打ち合わせが彼女との大切な時間となりました。

 

打ち合わせでは、その場でディスカッション出来るので、彼女の希望や意見も聞くことが出来ました。
2人にとって貴重な時間だったと思います。

 

私たちはもうすでに30代半ばであり、特に親や親戚などから文句を言われることもなく、自分たちのペースで結婚式の準備を進め、世間でいうような親の式介入などのイヤな関与はありませんでした。

 

両家の親たちは、自分たちを信頼してくれていたと思います。
彼女の希望で、両親へのサプライズの準備もあったので、親に知られずに準備も必要でした。

 

自分たちの結婚式は自分たちでというスタイル、そこに両親に同席してもらった感じです。。
招待人数は約250名でした。

 

ナイトウェディングをしたいという彼女の希望で、会場はホテルの宴会場を夕方から貸し切るという事にしました。

 

遠くからお越しの招待客の方もいらしたので、駅直結のホテルは正解でした。

 

ナイトウェディングで、夕方でもあり乾杯しながら沈む夕日を眺め、だんだんと時間が経つにつれて、夜景を招待客の皆さんに楽しんでいただけて好評でした。

 

お天気もよく、夕日や夜景には最高なものでした。

 

お天気ばかりは、当日まで保証はできないので、賭けのようなものですが、私たちのナイトウェディングはとても満足できるものでした。

 

彼女の希望イメージ通りの、ナイトウェディングの夜景は一生の思い出として、心に残っています。

自分たちが結婚式に呼ばれた友人は結婚式に呼ぶの?

:結婚

 

結婚式会場選びには時間をかけました。
彼女と一緒に7会場ほど見て回ったのですが、7会場見てハッキリ言って迷いがありました。

 

下見しすぎて、どれが良いのか途中分からなくなってしまったり・・・(笑)
会場の雰囲気などは、どの会場も一長一短、会場選びはとても迷いがありした。

 

迷いながらも、ナイトウェディングできる会場に決定
その後は予算を考えや誰を招待、どこまでの人脈を呼ぶのか、とても迷いました。

 

会場に入れる最大人数は決まっており、当初予定の人数から少し減らす作業も出てきて、とても苦労しました。

 

彼女が教師で何度か転勤異動してる事もあり、教師仲間・職場の先生方の招待は、特に彼女は人選に気を使っていたように感じます。

 

人数が決まると予算の範囲内に抑える作業が出てきます。
お金を削れば華やかさが減る気がして、中々予算削減は大変

 

会場側の方から、ケチと思われたくない感情も出てきます(笑)

 

食事内容や生花代、演出なども予算内に抑えるとすると、なんか淋しさが増していきました。
詳細を決める打ち合わせにおいてとても困ったのは、食事の内容についてでした。

 

一生に一度の結婚式だからこそ、自分たちや参加頂いた招待客の皆さんに印象に残るもの、美味しいもの、珍しいものをご馳走したいと思っていました。

 

何事もひとつひとつ決める時は、打ち合わせも彼女と一緒に、とても時間をかけて考えたのを覚えています。
招待客を誰にするのかは一番大変だったかもしれません。

 

会場の最大人数は決まっていることから、呼びたい人を決定するのはとても大変でした。
30代半ばの私たちは、友人の結婚式も今までそれなりの回数招待されています。

 

自分たちが招待された人は来ていただきたいし、でも人数に限りが・・・本当に悩みました。

 

【失敗談】彼女の両親へ新郎スピーチはお酒に酔ってレロレロ状態

:結婚

 

私達の結婚式の費用は両親から援助は受けず、全額自己資金で対応できました。

 

いきなり、まとまった資金を貯めるのはとても大変ですが、私も彼女もそれなりに貯金は用意できていました。

 

両親からも「援助するから」と言ってもらいましたが、貯めたお金で何とかすることが出来ました。
そして、式の内容も、思い出に残る結婚式が出来ました。

 

結婚式の準備は、会場スタッフやプランナーの方が、当日の予定をきちんと組んでくださり、とてにスムーズに運営することが出来、ホッとしています。

 

準備期間も当日の結婚式本番も、忙しい事が続きましたが、彼女の希望のナイトウェディング結婚式が出来、私はとても満足です。
彼女の喜ぶ顔が一番でした。

 

一つ失敗した事があります。

 

結婚式当日、友人や会社人間から、「乾杯!」と何度もお酌に来られてしまい、ずいぶんとお酒を飲まされました。

 

彼女の両親への新郎スピーチではレロレロ状態(汗)
しゃべりたいのに、ろれつが回らず・・・

 

失笑され・・・、まぁ終始笑いがある結婚式披露宴が出来たので、結果オーライ!良い事にします。

page top