【経験談】結婚式準備後悔した事ランキング!

結婚式

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


結婚式

予算重視の結婚式披露宴は夜景が見える幻想的な挙式披露宴だった

:結婚

 

31歳女性、会社員です。
彼は40歳会社員

 

出逢いのきっかけは、同じ趣味を通じてです。
同じ趣味を持つ友人から紹介されました。

 

出会ってから2ヵ月で交際し、1年後にプロポーズされました。

 

親族の席の配置と引き出物選びは全て親任せ

:結婚

 

結婚式は、ご祝儀制
費用は、350万円でした

 

ご祝儀でいただいたのはだいだい150万円くらいでしょうか

 

彼とは、お互いに協力し合いながら結婚準備をすすめる予定でした。

 

しかし彼が仕事で忙しく結婚準備をするのに時間が取れない状態だったため、打ち合わせ関連は半分以上は私が行ってました。

 

また経費削減のためオープニングとプロフィールムービーを手作りすることにしたのですが、彼が動画作成の経験がありませんでした。

 

学生時代に動画作成の経験ある私が主体となって作りました。
構成は彼と相談し合いながら決めました。

 

親や親戚の結婚式準備の関与は衣装選びと親族の席の配置と親族の引き出物のみでした。
衣装選びは親のアドバイスを貰いながら私と彼が主体となって選びました。

 

親族の席の配置と親族の引き出物は私と彼では判断できなかったため、こちらからお願いして全て親に任せてしまいました。

ハワイ挙式は両親が反対!夜景が綺麗なレストランで幻想的な挙式披露宴

:結婚

 

2人だけでハワイで挙式をあげ、後日に国内で披露宴を行うことが理想でした。

 

ですが、私の両親は2人で海外の挙式あげるのは反対しておりました。

 

理由は親族にも花嫁姿で式を挙げているところを見せてほしいのが理由でした。

 

また高齢者の祖父母などの親族がいるため海外に行くのは厳しいのことで国内で挙式・披露宴を行うことになりました。

 

会場はよく彼と行っていた思い入れのあるレストランにて挙式・披露宴を行うことにしました。
40階にあるレストランでガラス張りのため景色はとても良いです。

 

夜景が綺麗なのでここで披露宴したらみんな喜ばれるだろうと午後での挙式・披露宴を行うことにしました。

 

アットホームな雰囲気で夜景が見えることで幻想的な挙式・披露宴になりました。

 

後日、親戚や友人から夜景が綺麗で良いお式だったと何人も感想をいただき満足!

 

会場選びでは、予算のことを考えていたので、最初から高い会場は避けていました。

 

しかし安いところだと思うような雰囲気ではなかったり、いかにも安いと思われるようなところがあってマッチした会場を見つけづらかったです。

 

式場探しのエージェントの紹介でレストランの見学しましたが理想通りだったので決めました。
会場決定に期間3ヵ月近くになってしまい、ちょっと時間かかりすぎてしまったなと・・・。

 

そのこともあって挙式までの準備が短くなってしまいました。

 

予算重視の結婚式演出はどこを削るの?

:結婚

 

予算重視だったため演出はどこまで削るかが大変でした。

 

また両親の意向もあるので譲れないものが出てきてしまい、予算が膨れ上がってしまうこともありました。

 

特に親族向けの引き出物は思ったより費用が大きくなってしまいました。

 

しかし、その費用は両親が決めたことなので、お金を負担してくれることになったので解決できました。
招待状の発送が大変です。

 

招待状は式場側ではなく各自で送らなければならないため遅くても2ヵ月前に届けなければなりません。

 

仕事がありその他の準備も重なっていたため思うように時間取れませんでした。
親が見ていられなかったようで、協力してくれたのでなんとか間に合いました。

 

一番大変だったのは、打ち合わせが進むほどに思ったより予算が膨らんでしまったことです。
特に演出と衣装選びと引き出物で経費が増えてしまいました。

 

また払う費用の負担を決めるのも、彼側との意向もあって、調整したりと決めるのに時間がかかってしまいました。

 

最終的には式のスタッフのアドバイスを貰ったので解決。
彼が仕事で忙しく思うように準備が進まず焦る事もありました。

 

両親や義理の両親が協力してくれたこともあって、ギリギリになったところもありましたがなんとか間に合わせることができました。

 

おかげさまで当日の挙式・披露宴はスムーズに行うことができました。

 

会場の決定から挙式・披露宴までわずか半年しかありませんでした。

 

準備がギリギリになってしまうことがあったので、最初から日程的に余裕を持つなり希望の挙式・披露宴の時期をずらしておけばよかったかなと思ってます。

 

そうすればやりたい事をやれて、細かい気配りができた準備をすることができたと思います。

page top