【経験談】結婚式準備後悔した事ランキング!

結婚式

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


結婚式

結婚式費用とドレス代は別支払!ドレス代は予約時いきなり出費

:結婚

30代です。女性会社員
彼は20代後半の会社員です。

 

私が会社の上司に連れられて行った六本木のバーで出逢いました。

 

交際して半年で同棲し、その半年後になんとなく結婚が決まり、その1年後に結婚式をしました。

 

50人招待のチャペルのあるレストランで結婚式

:結婚

 

結婚式はご祝儀制としました。
費用は約450万円くらい
ご祝儀は約300万円くらいです。

 

招待状やメニュー表や余興の準備等で手作りをする場面が多かったが、手先な器用な彼が積極的に手伝ってくれて、準備は大変でしたが、二人で協力して楽しむことができたと思います。

 

式場の打ち合わせも彼のお休みに合わせて出かけられたので、すべての打ち合わせを二人で出席できました。

 

義理親からは、「お金は自由に使っていいから」と言って頂いて、式にかかる金銭面での協力を全面的にしてくれました。

 

お金の援助はありましたが、特に場所や内容に実家から口出しはされませんでした。

 

自分の両親は特になにも関与はしませんでしたが、私の姉が結婚した際に経験した親せきへの配慮等のアドバイスをしてもらえました。

 

教会での挙式に憧れていた私

 

実際は、チャペルのあるレストランでの結婚式で、50名程度の招待人数でした。

 

かわいらしい雰囲気で自分たちらしい結婚式ができたように思います

 

しかし、他の人の結婚式に出席してみて思ったのが、もう少し大人婚のようなシックな雰囲気のほうがよかったかなと感じたくらい

 

ちょっとラブリー過ぎる会場を選んでしまったことはちょっと後悔です。

レストランでのメリットは食事が美味しい事

:結婚

 

でも、レストランでの結婚式なだけあって、食事がとても美味しかったようで、今まで行った結婚式の中で一番食事が良かったとゲストの方にとても喜んでいただけたことがよかったと思います。

 

式場見学は2会場しか行っていません。

 

ゼクシィを読んで、よさそうなところを2か所予約して1日で2か所見学

 

ハードスケジュールとなってしまい、1日で1か所のほうが良かったかなと思いました。

 

1か所目が写真とは全然違って昔ながらの古めかしい会場で、ここはないなと即不採用

 

2か所目に行ったところが、1か所目よりだいぶ良いのに値段が1か所目より安く、即決定

 

結局その2か所しか見学できませんでした。

 

結婚式の費用は、あれもこれもと望んでしまうと、どんどん予算が上がってしまいます

 

当初の見積もりよりもだいぶ高い金額となってしまったことが後悔でした。

 

自分たちのお金なら遠慮なく使えたのですが、義親からほとんどの援助して頂いたお金だったので、遠慮がちになってしまい、思い切った決断がしにくかったです。

 

式場ですべてを依頼してしまうと高くついてしまうので、色々外注や手作りをすることで節約してみようとしました

 

しかし、外注場所を探したり、材料を探したりするのがとても手間がかかります。

 

外注先ともとても時間かけて打ち合わせをしたので、式場と同時変更にタスクをこなすのがとても大変でした。

 

大慌て!ドレス予約時に高額な支払する必要があった!

:結婚

 

式場を決めてすぐに、ドレスを予約するように言われて、1か月後にドレス選び、予約という流れ

 

ドレスの料金は式が近づいてから式場代と一緒に支払うものではなく、予約時にドレス支払いを求められて、結婚準備を始めてすぐに高額なお金を用意しなくてはならなくなりました。

 

急な予想外の出費となってしまいました。

 

担当のプランナーさんをはじめ、当日のメイクさんや介添え人や司会の方の優しい心遣いにとても感動しました。

 

素晴らしい対応をしてくださいました。

 

私がまだ控室にいる段階で感動する出来事がありました。

 

私が感動で泣いてしまった際に、メイクが落ちてやり直し、メイクさんに対して申し訳なく思っていたら、

 

「今日は泣いたり笑ったり感情がクルクルする1日ですよ。そのために私がいるのです。」と優しく言ってくださってうれしかったです。

 

神の言葉と思うほど、このメイクさんの言葉に感動させられました。

 

結婚式の後悔は、本物のプロのカメラマンを外注すれば良かったと思います。

 

式場の専属のカメラスタジオにお願いしたのですが、あまり腕が良くなくて、しかも私が母へ手紙を読んでいた最中に、私の目の前で尻もちをついて転倒、失態をやってくれました。

 

写真の仕上がりもブレや歪みが多くて、あまりきれいな写真がありませんでした。

 

一生の思い出なのに、どうしてくれるんだ!と言いたいところでした。

page top